« 2013年01月 | メイン

2013年02月 アーカイブ

2013年02月28日

荷物の梱包、業者とのやりとりなど

どこからどこへ引越ししましたか?(名古屋から新宿など) 兵庫県から神奈川県へ ・ 引越しの準備で面倒だったこと(荷物の梱包、業者とのやりとりなど) 荷物の梱包、業者の選定もかなり面倒でしたが、一番困った事は原付バイクをどうするかということでした。結局は引越し屋さんに大きめなトラックにしてもらって他の荷物と一緒に運んでもらったのですが、一人分の引越しだと本来、それほど費用はかからないのに、その5倍ほどかかりました。当時はネットも普及してなかったので、他に方法も探しようがなかったのです。今ならバイクのみの輸送とかもあるみたいですね。それか売却して、引越し先で新しく買ったほうがよかったかも・・ ・ 面倒だったことをラクにするコツ(らくらくパックに頼む、休みの日を活かすなど) 引越しする時に不用品を思い切って処分するようにしています。最近は、不用品をまとめて引き取ってくれる業者も沢山あって、大物家電以外は料金もそれほどかかりません。市などに粗大ゴミとして出すのとどっちが割安か選ぶことができます。 ・その他なにかありましたらお願いいたします・・・etc お金をかけて運んだ原付バイクですが、引越し先であっさり盗難に遭い、しかも盗難保険が切れた直後だったので、とても脱力しましたのを今も時々思い出します。

夫婦そろって引越しが大好き

私は夫婦ともども引越しが大好き。家に対するこだわりはまったくないのですが、その土地に興味があって街を楽しむといったらよいのでしょうか、とにかくいろんな場所に住んでみたいのです。  仕事は個人で営業関係のコンサルティングをしていますので、全国どこにいてもまったく問題ありません。  こんな私ですから引越しは気が向いたらおこないます。実に気楽なものなのですが、ひとつだけ大きな問題があります。  自宅兼事務所で活動していますので、犯行やら封筒やらをすべて新しいものに作り替える必要があるのです。引っ越しと聞いて、すぐに頭をよぎるのはこのこと。  おそらく普通の方々が抱くイメージとはずいぶんと異なる感覚だと私は感じていますが皆さんはどう思われますか。もちろん個人の友人などへの転居通知というのはしなければならないでしょうが、これにビジネスがからむとやはり膨大な量とけっこうなコストがかかってくるのです。私にとって引越しの手間と言うとこれが最筆頭の問題ですね。

転勤族で3年に1度引越し

私の主人は転勤族です。 3年に1度引越しをします。 鹿児島市内から,同じ県の地方になったり その逆を何度か繰り返しています。 衣服などは,普段から持ち運びがすぐできる 収納ボックスに入れているので引越しのとき 特にわずらわしくはありません。 本も,段ボールを本棚にしています。 小物類も大きな箱に全部入れるようにしています。 たいていのものはいつでも荷物として すぐ積めるようにしています。 面倒なのは食器です。 もちろん食器棚に入れたまま運ぶなんて 絶対無理なので,ひとつひとつ包装します。 しかも,形が全部違うので段ボールに 入れるのも気を使います。 目的地についたらそれを一個ずつ開けなければ なりません。 何度引越しをしてもこれがとっても 面倒だと思います。 対策としては日ごろからこまめに 使ってない食器類を捨てるということです。 食器棚を見るたびに。どれ捨てよっかなー といつも眺めています。 これでだいぶ減らしてはいます。 今度の3月引っ越しです。今からいろいろ 捨てたいと思います。

About 2013年02月

2013年02月にブログ「大阪府のおすすめ引越し業者お見積り」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2013年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type